> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> 昨年の台風18号情報、気象庁が経路修正 「ウェザーニューズ」勝利宣言(産経新聞)
 昨年10月に日本列島に上陸、縦断した台風18号をめぐり、気象情報会社「ウェザーニューズ」(WN、本社・東京)が気象庁と異なる独自の上陸情報を同社のホームページ(HP)上に掲載した問題で、速報時に「18号は三重県の志摩半島を迂回(うかい)した」としていた気象庁が、確定経路図では微妙ながらもWN社の主張通り、志摩半島を横切ったと修正していたことが5日、分かった。

 18号については、気象庁が昨年10月8日午前5時過ぎに「愛知県の知多半島に上陸」と発表し、WN社は同日午前4時ごろ、HPなどに「三重県志摩市に上陸」と掲載して志摩半島を横切ったと主張。これに対し気象庁は「独自上陸情報は予報業務の範囲を逸脱した」としてWN社に口頭注意を行っていた。

 気象庁が出した18号の確定経路図は、WN社のように志摩半島を縦断する形をとっていないが、備考として「8日4時過ぎ、(志摩半島先端の)三重県大王崎付近を通過した」と記載。台風の中心が小さい島や半島を横切ったことを示す「通過」という気象用語を使い、志摩半島を横切ったことを認めた。

 WN社は「少なくとも上陸地点の速報では、われわれの主張が正しかったことが証明された」と勝利宣言。気象庁は「経路の変更は海上保安庁の灯台のデータを解析したのが大きかった。速報時の経路は当時の最善の解析の結果。どちらが正しいとは言い難い」と話している。

【関連記事】
気象庁の「桜の開花予想」終了 「あとは民間事業者で」
「関心薄れる」と時間遅らせた気象庁 台風の温帯低気圧化で波紋
天気予報は誰のモノ? 気象庁の情報に隠された真実は… どうなる官民バトルの行く末
ウェザーニューズ、気象庁に宣戦布告!? 独自情報の掲載は「業務逸脱していない」
業務逸脱?気象庁とウェザーニューズ大バトル

お弁当の知恵
a76coyv7のブログ
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
携帯ホームページ
[PR]
by n7uctzoomp | 2010-01-12 17:06